小学生並みの日記

肩肘張らずに語ろう

枕の選び方について

f:id:nyanmage_wed:20180214221021p:plain

こないだ、肩がこってしまって、接骨院にいきました。

それで、枕の話になりました。

 

接骨院の先生が言うことには、枕を選ぶときはとにかく高さが大事らしくて、それ以外は大した問題じゃないそうです。

 

そして、適切な高さとは?

 

こぶしを握って・・・

 

f:id:nyanmage_wed:20180214221057j:plain

 

縦においた時の、この高さ だそうです。

 

f:id:nyanmage_wed:20180214221012j:plain

 

実際、この高さで枕を選んだら、いい感じでした。という話。

基準がこれだけなので、選ぶのもめんどくさくないです。

 

 

低反発!とか、

オーダーメイドの枕!とか、

変に値段が高い枕を買わなくてもいいみたいですね。

【経験談】アトピーの治療に何をすべきか

先日、職場に客として、アトピーのひどい人がきた。

何か話そうかとも思ったが、余計なお世話かもと思い、結局話さなかった。

アトピーの原因、体質、治し方は人によって千差万別だからだ。

 

だから、この話はあくまで専門家でもなんでもない、個人の意見であることに留意してもらいたい。

 

自分のアトピー遍歴

9年ぐらい前に、突然アトピーになった。

当時は、体を大きくしたくて、安いプロテインとか牛乳をとっていた。

体に合わないものを食べたり、私生活的なストレスもあって、そういうのが複合的に作用したんだと思う。

 

自分のアトピーの経過

0年~2年半 :汗をかくと急激に痒くなる。ほどほどに悪かった。

2年半    :ステロイドをやめたら急激に悪化。象の肌のようになった。

2年半~3年半:病院と、治療方針の変更を行い。とにかく時間の経過をまった。

3年半~4年 :汗をかくと痒くなるものの、楽になってきた。

4年~5年  :快方に向かう。最終的に軟膏が不要になった。

5年~    :漢方も不要になり、アトピー前の生活に戻った。

 

爪を切る

爪は必ず短く切る。肌を掻いた時のダメージが軽減できる。

爪切りで細かく切って丸くして、ヤスリをかける。

最後にズボンで爪をこするなどして仕上げすると、なじむ。

 

食べ物

アトピーには食べ物が大きく影響を与えるが、何が悪いかは人によるところが大きくて、十把一絡げに挙げることができない。

同じ人間といっても、多様性というのがあるんだと実感する。

自分の場合は、油もの、そば、保存料(コンビニの物に多い)あたりのものを食べると、体が痒くなることが多かった。

何が良くて、何が悪いのか、自分の体の反応に敏感になり、探っていくことが大事だと思う。

 

また、アレルギーの検査をすると、様々な食物がひっかかる。

これに対して、あまり敏感になりすぎてもいけないと思う。

自分の場合、項目の中に「小麦」がでてきたが、これを除去しようとするとほとんどのものが食べられなくなることになる。

だから食べてみて、気持ち悪いなとか思わない限り食べていた。

敏感になりすぎないほうが精神的にはいいということもある。この辺はさじ加減だ。

 

 

また、体と胃はなるべく冷やさない。

冷たい飲み物をガブガブ飲むのはおすすめしない。

 

水を大量に飲むと治る!とか、浄水器で治る!とかいうのがあるが、あれはデマだと思う。

ほどほどに、普通の水分をとっていればそれでいい。

 

 

体は洗いすぎない

現代人は体を洗いすぎだ。

アトピーが現代病と言われる原因のひとつがこれだと思う。

 

体は洗いすぎない。皮膚の油分を落としすぎるのはよくない。

タオルを泡立てて、皮膚をゴシゴシするのはやりすぎ。

洗うにしても、石鹸を手だけで泡立てて、皮膚を撫でる。これで十分。

顔の皮膚は、体の皮膚に比べて薄いため影響を受けやすい。なおさら軽く洗う程度で良い。

ボディソープは濃度が濃すぎるので、石鹸を使うほうがおすすめ。

 

髪のほうは、シャンプーが強力なので、使う際はお湯で薄めて使うほうがいいと思う。

また、皮膚になるべくつかないようにすること。

 

そして、フケというのは発生するものなので、完全に除去しようと神経質にならないこと。

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

 

 

温泉に入れば治る!とかいう話もあるが、劇的な効果があるとは思えない。

治療だからといって、休みを毎回、温泉に入りにいくのに使ったりして、プライベートが犠牲になっては元も子もない。要はバランスだ。

たまに、旅行感覚でリラックスしにいく、ぐらいに使えばいいんじゃないかと思う。

チェーンの温泉はほとんど循環式だし、あんまり温泉をありがたがってもしょうがないと思う。

 

自分の家のお風呂にしっかりとお湯をはって、体を温める。これで十分だ。

もちろん、入浴剤はいらない。余計なものを肌につけないほうがいい。

これは、温泉ではない?温泉教授の温泉ゼミナールII? (光文社新書)

これは、温泉ではない?温泉教授の温泉ゼミナールII? (光文社新書)

 

 

洗濯の際、洗剤は入れすぎないこと。

服に残った洗剤は、肌に悪影響を与える。

詳しい種類については把握してないが、洗剤についても強力すぎるものは避けること。 

 

病院

maru-all.com

 

元々通っていた病院(名前は伏せる)をやめて、二番目に通ったのがここ。

丸山先生という変なおじさんがやってる病院。

先生によると、アトピーは電磁波が原因らしい。ほぉん?

どうも学会の異端児感がある。

よく分からないが先生の言うことを聞いて、1年ぐらい通ったらなんだかんだ快方に向かった。自分でも不思議。

 

この病院のいいところは、漢方を出してくれるところ。健康保険がきくのは本当にありがたかった。

また、色々挑戦的なことをやってる先生で、選択肢の豊富さが面白い。

Oリングテストで、自分に相性の良い漢方、軟膏を選んでもらう。

半信半疑だったが、実際に治療の合う合わないは存在する。

非科学的だ!などと思うのも当然だが、一回試してみるのはありだと思う。

 

人気のある病院のようで、人がいっぱいで、待ち時間が長い。

 

病院に行く前に電話をして予約をとり、細胞内治療とか交流磁気を、待ち時間の間にあててもらうと、時間が有効に使える。

待つのを覚悟して、暇つぶし用の本を必ず持っていきましょう。

 

自分には交流磁気が効いたと思う。

この効いたという感覚もはっきりしないものなので、難しい。

なんとな~く、体が整った、痒みが少しマシになった、リセットされた、気持ちが良いみたいな感覚。

 

なんとなく気持ちがいいとか気持ちが悪いとか、自分の体の感覚に敏感になる。

微妙な感覚を信用する。

この辺が、自分にあった治療を見つけたり、自分に合わない食べ物をはじいたり、自分にあった生活習慣を見つけたり、というのに大事なことだと思う。

 

ステロイドは悪か

自分の場合、脱ステロイドによって治ったが、やめた時の反動が酷かったのは事実だ。

正直、自分ももっとソフトランディングするように、ステロイドをやめたかった。

ステロイドは悪だ!などと決めつけられることが多いが、炎症を抑えるなどに劇的な効果があるのは事実だ。

ステロイドは正しく使えば怖くないというものみたい。

有り体な言い方になってしまうが、信用のできるお医者さんと相談すること。

間違いだらけのアトピー治療(新潮新書)

間違いだらけのアトピー治療(新潮新書)

 

 

 

 

アトピービジネスは信用しないこと

アトピーに関連しては、それをビジネスにする不逞の輩が後を絶たない。

アトピーが治る!」などと喧伝している健康食品は、100%クソと思ってもらっていいと思う。

コラーゲンなんかとっても意味ないからね!

アトピービジネス (文春新書)

アトピービジネス (文春新書)

 

 

 

 

参考になれば幸いです。

あと、針治療というのも試したけど、これはまったく意味がなかったです。

ヨーデルって素敵

www.youtube.com

 

ヨーデルいいですよね。

 

やってみたいなぁ、高い声だすのは気持ちよさそう。

 

しかし、この人すごい。

南瓜とマヨネーズ

この記事は、管理人の独断と偏見でお送りします。

 

 

eiga.com

 

クソ映画です。

くっそつまらんです。意味が分かりません。

なんかオサレな感じの画を撮って、話のテーマはぼやぼやっとさせて、

何が言いたいんだかわからないストーリーに、体売って辛いアタシ!恋愛に傷つくアタシ!セツナイ恋!みたいなトッピングをのせる。

 

こういう映画が僕は大嫌いです。

 

 

くっそ雑な映画版あらすじ

夢追いバンドマン男の彼女ツチダが、金のために売春して、昔好きだったオラオラ系な男と浮気して、両方に逃げられて、私辛いですー って話。

 

何が言いたいんだかわからない映画。

売春とか扱ってるくせに、濡れ場もない。大体の表現は事後。

まごうことなきクソ映画だと思います。

 

 

一方、こちらは漫画版。作者は魚喃キリコ

南瓜とマヨネーズ (FEEL COMICS)

南瓜とマヨネーズ (FEEL COMICS)

 

 

漫画版は、好きじゃないけど、ちゃんと読めます。

 

漫画版あらすじ。

主人公女ツチダ は 音楽でプロを目指すせいちゃん  と一年半同棲中。

せいちゃんはヒモ状態。二人の関係はなんとなく付き合っている という感じ。

でも、実はツチダは燃えるような恋がしたくて、昔好きだった男ハギオに未練タラタラ。ハギオとは過去に子供ができて、堕ろしたという経験がある。

生活が苦しいので、ツチダは水商売と売春に手を出す。

せいちゃんに売春がバレる、未熟な精神、すれ違いもあり、関係悪化。

この心のスキマができたところで、ツチダはハギオと再開。浮気をする。

浮気がバレたわけではないが、ツチダはせいちゃんから別れを切り出される。

ツチダはハギオとデートを重ねる。

ところで、同じ水商売やってるリカっていう女の子がいて、この子が昔のハギオの彼氏ということが発覚。

「平気で貢がせる男となんか別れたほうがいいよ」というリカの助言は、ハギオとの実体験が元になっていたのだった。

ここでようやくツチダはハギオのクズ男っぷり幻滅し、別れを切り出す。

その後、ツチダは久しぶりにせいちゃんと再開。せいちゃん、せいちゃんとの生活をあらためて良いものと感じるのであった。

 

 

せいちゃん良い奴なんですよね。

彼女に無理をさせてると気づいたら仕事をはじめるし、やっぱり音楽がやりたいと思ったら、お互いのためにと男女関係を終わらせる。責任感ある良い奴。

 

 

燃えるような恋に憧れるのはよくあるんだけど、それは短期的に終わってしまうよ。

刺激が少ないと感じても、長く付き合うことができる関係っていうのは良いものだよ。

ありふれたもののように感じる日常は、とても素敵なものなんだよ。

 

 

という話として捉えていいと思います。

 

結局「南瓜とマヨネーズ」ってどういう意味?

色んな人が解釈しようと頑張っているけど、これといったものを見いだせない。

さらーっと見た感じ、この記事が一番頑張ってるけど、深読みしすぎじゃない?という感じがしてしまう。

www.club-typhoon.com

 

僕も考えてみました。

 

 

誰もが「南瓜とマヨネーズ」という組み合わせに、ピンとくる意味というのを見いだせない。

 

 

さんまに大根おろし! だったら、最高の組み合わせ!って思いますよ。

白いご飯に苺ジャム! だったら、最悪の組み合わせ・・・って思いますよ。

でも、南瓜とマヨネーズ にどんな感想抱けっていうんですか。

 

しいていえば、かぼちゃサラダになるかなぁー、ぐらいの感想しか抱けない。

 

 

実はこう思わせること、それこそが狙いで、つまるところ・・・

可もなく不可もない組み合わせってことだと思うんですよ。

平凡な組み合わせ。なんでもない組み合わせ。

相性バツグンってわけでもないけど、まぁそれなりに食べれるんじゃない?ってぐらいの組み合わせ。

 

 

そして、平凡さにこそ幸せはやどる。

 

こう考えれば、漫画版のラストの主題にうまくつながります。

漫画版だと、話はこの言葉で終わります。

 

 

わたしたちの この ありふれた平凡は

本当はとてもこわれやすくて なくさないことは奇跡

わたしたちの生活 毎日 日常

せいちゃんが笑っているということ あたしが笑っているということ

 

 

この物語のテーマは、思い切ってまとめればこうです。

 

何でもないようなことが、幸せだったと思う。

 

 

私は、南瓜とマヨネーズ虎舞竜型の話と分類して、満足しました。

もう美容院いらない説

初めて千円カットいきました。

 

全然ありだと思いました。ほぼ美容院と変わらない。

美容院の値段がアホらしくなってきます。

お茶とかシャンプーとか、必要ねえんだよ!!!

 

まぁ、待ち時間は長かったけどね。

 

ただし、髪型の後からの調整はないし、髪型の相談もしづらいので、注文をバシッと決める必要があるなと思いました。

 

次、いくときようにまとめるとこんな感じ~

 

・具体的な長さ(何センチ切ってください)

・前髪の長さ(眉毛にかからないぐらい~とか)

・サイドとバックの長さ(耳にかかる?刈り上げる?)

 

髪型で指定するなら、名前がついてると楽。

スポーツ刈り!(加えて、長めのとか、短めのとか)

ソフトモヒカンで!(加えて、サイドは9mmとか、トップは何センチ~とか)

ベリーショートで!

 

こんなサイトも参考になる。

xn--ogt15cnxk47h.com

 

 

次はイチローみたいにしてもらおう。

改めて見ると、イチローまじかっこいい。

f:id:nyanmage_wed:20180203221941j:plain

f:id:nyanmage_wed:20180203222424j:plain

 

 

 

バクマンの感想まとめ。

 

バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

 

文字が多い作品。結構読むのが大変だった。

後半なんか、あんまり味わう読み方はしてない。 

 

漫画家マンガって描くの勇気いると思う。デスノコンビすごいと思う。

マンガ家は面白いと思ったものを全力でだしているけれども、それが正しい保証はない、その中で頑張ってるっていうのがひしひしと伝わってくる。

 

そして、漫画家マンガをギャグ漫画ではなくマジメな形で、しかもジャンプで描くというのが素晴らしい。

漫画描きました → ◯◯位でした → やったー

みたいにワンパターンになってしまうのは否めなかったけど、それでもマンガ論をこれでもかと盛り込みながら、ストーリー漫画として成立させた技量に脱帽である。

 

参考

燃えよペン (サンデーGXコミックス)

燃えよペン (サンデーGXコミックス)

 

 

 

 

1巻

漫画で売れるなんてバクチだ!

現実的に漫画家になる難しさがまず語られる。

 

2~ 11巻

ジャンプ編集内の暴露本

漫画家が描く暴露本としての機能は大きい。

人気至上主義、アンケートハガキ、掲載順、持ち込み、読み切り、連載、メディアミックス、年間スケジュールなど。

そして、編集者というものへの愛憎混じった捉え方。

頼れる服部、頼りない港浦という形で表現している。

 

マンガ論

計算型と天才型。王道と邪道。ギャグとシリアス。

タイトル、キャラデザイン、キャラ名。桜木花道って名前は最高だ、みたいな話。

絵がマンガでいかに大事かということ。地味なマンガでもいかに絵に躍動感をもたせるか。

ギャグは安定した人気をとることができるとか。

マンガは、作者の現実の世界観が大きく反映されるとか、過去の経験から生まれるとか。それによってジャンルの向き不向きというのが大きいこと。

アシスタント論。夢の過程として捉える人もいれば、専業アシスタントとなっている人など。

刺激をしあう仲間の大事さ。

漫画家という仕事は時間との戦いで、ものすごく体力勝負であること。

 

改めて言われなくてもというようなことも多いが、大事なことがストーリーとして展開されている。

中でも自分が好きなのが、「ゲイジュツとエンターテイメント」という軸

 

ゲイジュツとエンターテイメント

マンガは芸術であり、読者に媚びる描き方の一切は敗北である。自分のやりたいことだけやればいい。

芸術なんだから万人には理解してもらわなくたっていい。媚びるぐらいなら人気なんて出なくたっていい。売れなくたっていい。みたいな態度。

これがゲイジュツ。

対になるのがエンターテイメント(娯楽)。みんなが見て楽しめる。子供だって楽しめるもの。

 

バクマンでは、蒼樹紅、森屋秀一がこういったゲイジュツを主張する。

でもそれは自己満足にすぎない。オナニーである。

 

すべて自費でやっているというならいいけど、彼女はジャンプに雇われて、マンガを売ることで生計を立てている身である。売れなくてもいいなんていうのはワガママ以外のなにものでもない。

 

ゲイジュツとエンタメ、両方満足させてこそプロ。例えば、スピルバーグや宮﨑駿。

彼らの偉大なところのひとつは、作品をエンタメにして大きな売上を出すことにある。

 

7~8巻のあたりで、「パンチラ」というくだらないと思われがちな話を主にして、蒼樹さんはエンタメを学び、自分の殻を破る。

蒼樹さんに福田さんが「風呂の入り方をどう描くか」をアドバイスするシーン。このやり取りはすごく好きだ。

 

ここから蒼樹さんは人気のでるマンガが描けるようになるだけでなく、自分とは違う他人の価値観に気づき、自分だけの価値観に閉じこもるのをやめる。そしてそれが、他人とのやりとりの柔らかさに繋がってきているんだと思う。

 

別にエンタメ性をだすことは敗北ではない。自分の立ち位置をわきまえた振る舞いであり、強く生きることであり、他人へのサービス精神であり思いやりである。

 

 

余談だけど、個人的に福田、蒼樹コンビ好きだったんだけどなー。

なんで息抜き編担当の平丸くんとくっついたかなーって正直思ってる。

 

 

11巻の「PCP」完成で、亜城木コンビはほぼ完成形にたどり着き、漫画家になるという話は一区切りつく。

ここからはもう少し、個人を越えた大きな話へ。

 

12~13巻

マンガの影響力について。社会への良い影響と悪い影響。

メディアの煽り立てるような報道に対する嫌悪感が伝わってくる。

デスノートのときもそういうことあったんだろうなーというのが伝わってくる。

 

漫画家はくだらない職業か?

画家を引き合いにだして、漫画家は画家に劣るものだろうかという問いがでてくる。

これまでで漫画家に、どれだけ多様な能力が求められるかが描かれているのをみれば、少なくとも劣る職業ではないことが主張されているのが分かる。

そして芸術に比べて、作品が多くの人に見てもらえるということが強調される。

PCPのマネをする子どもたちを見せたりし、影響力の大きさがポジティブに表現される。

 

14~17巻

少年ジャンプ否定

少年ジャンプは、少年ジャンプらしい展開(友情・努力・勝利)しか採用しない。

面白ければ、そんなことにこだわらなくていいのでは?

もっとどす黒い、バトルロワイヤルみたいなものを描いてもいいのでは?というもの

 

しかし、例えるなら少年ジャンプは、映画業界のハリウッドみたいなものである。

少年ジャンプはマーケティングとして、ジャンプらしい作品のみを紙面に載せて、成功をおさめてきた。

決して、ジャンプらしくない作品はすべて面白くないというふうに主張しているわけではない。

マーケティングとしてそういう方針をとっているだけである。

それが嫌ならジャンプ以外で描けばいいじゃないか。

 

編集者不要説

ネットの力、炎上商法をつかって話題になり、連載を獲得する夜神月みたいな奴が登場。

夜神月は編集者の意見を聞かず、ネットで大人数の意見を募り、自分のマンガの方向性を決める方式を採用する。これが短編ものとしては成功。

しかし、連載となったとき、大人数の意見を集約して話としてまとめることに失敗。話の一貫性が保てず自壊する。ネットの支援者も離れていく。

その後、会社を立ち上げた夜神月が再来。

今度は会社内で小規模マーケティングを行って原作をつくり、絵の上手いやつに描かせるという手法をとる。

しかし、これも話に心がこもってないという理由で、連載陣のマンガに負ける。

やはり現在のところ、編集者をつけるというシステムが最適解なのだ。と結論する。

 

しかしながら、港浦を憎めないダメ編集者という感じで描いているところを見ると、決して編集者方式は万能だと主張しているわけじゃないんだろうなと感じる。

 

あと、心ってなんだよとちょっと思う。論としてちょっと弱い気がする。

夜神月が小物すぎて残念だったとも思う。亜城木夢叶コンビに勝つがなんでそこまで目的化してるのかわからない。

 

漫画家は幸せか?

真城は小学校の同窓会に出席。

初めチヤホヤされるが、毎日マンガの仕事漬けでまったく暇がないこと、遊んでないことを打ち明けると、みんなが引いていく。

遊ぶ暇がない。お金も当たれば大きいが、連載を打ち切られたら明日がどうなるかわからないくらい安定感のない職業。青春のすべてをマンガに捧げた亜城木夢叶コンビは、自分達をあしたのジョー矢吹丈に重ね、今の自分達を肯定する。

 

 

「紀ちゃんのいう青春を謳歌するってこととちょっとちがうかもしれないが 燃えているような充実感はいままで なんどもあじわってきたよ…血だらけのリング上でな
そこいらのれんちゅうみたいにブスブスとくすぶりながら不完全燃焼しているんじゃない
ほんのしゅんかんにせよ まぶしいほどまっかに燃えあがるんだ
そして あとにはまっ白な灰だけがのこる…
燃えかすなんかのこりやしない…まっ白な灰だけだ」

 

個人的にはこの回がかなり好き。

 

 

18~20巻

ここから物語をたたみにいく感じ

亜城木夢叶はリバーシというマンガを構想。連載。

アニメ化が決定したものの、声優が誰になるかで揉める。

声優が無事決まり、アニメ放送。夢がかなったねでオワリ。

 

リバーシを僕が担当したかった!」と酔って本音を吐く服部さんが良かった。

スター・ウォーズ/最後のジェダイがクソすぎる

f:id:nyanmage_wed:20180128011444j:plain

 

スターウォーズエピソード8、最後のジェダイ見ました。

 

つまらなかった。

 

まず、過去のオマージュはもういらないと思う。

エピソード7のときは、昔のファンのために旧シリーズのオマージュをいれるのは、お祭り要素としてアリだったと思う。

でも、もういいじゃないですか。新シリーズも2作目なんだから、きっぱりと新しいことだけ打ち出しましょうよ。

もっと旧シリーズのオマージュやれ!なんて言うノスタルジー野郎こそ、クソだよクソ。

 

話がコロガリがとにかく悪い。

フィンとローズの行動が、まったく意味なかった。

ローズが見てるだけでイライラする。アジア人枠なんていらないし、もっと良いのいたでしょうよ。

ごめんね、ブスすぎる。映画にあるまじきブスさ。

基本、役に立たない。最後のほうでフィンがミニデス・スターに特攻するところを邪魔したうえ、謎のキス。

ブスに好かれてしまったフィンの困惑がひしひしと伝わってきた。(絶対違う)

 

ホルド副司令官はしっかりと指示と、その意図を明確にすべきだった。

そうすればポーが抵抗することもなかったでしょうよ。

 

フォースが念力として使えたり、遠距離で姿を見せて会話ができたりできるのはよしとしても、ルークが死ぬことはないでしょうよ。そこはレンを出し抜いたってことでいいじゃん。

 

あ、レンの特訓も全然面白くない。

 

そして、レンがダークサイドに落ちたくだりがしょうもなさすぎる。

レンの闇のパワーがすごかったから、つい気の迷いでライトセーバー抜いちゃって、すぐ思い直したけど見られちゃった。だよ。

ルークの未熟っぷりもひどいし、その上、被害者ヅラしてんの草生えるわ。

その結果、ルークは引きこもるようになりましたって、アンタねぇ・・・。

 

もう、つまらないわ、長いわで最悪だった。

 

そもそも、スターウォーズって神格化されすぎだと思う。

エピソード4から、当時としては画期的だったのかもしれないけど、今みたらそんなに面白くないと思う。

 

個人的には、スターウォーズはエピソード7だけ面白かったと思ってる。

ファンの人ごめんね。