小学生並みの日記

肩肘張らずに語ろう

マニフェストを見て投票するのはコスパが悪い

http://3.bp.blogspot.com/-mHzEAhp4dcY/VqI-MZBp_ZI/AAAAAAAA3Ro/0aL5PglHhGs/s800/touhyou_boy.png

 

選挙が近づいている。

 

 

「しっかりと各政党のマニフェストをみて、大切な一票を投じないとダメだ!」

 真面目な人は真顔でこんなことを言うが、どうかと思う。

 

 

確かに選挙権というものは、国民主権という御旗の下に考えられた、歴史的にみても非常に大切なものだ。

 

しかし、しかしである。

 

 

僕達は、自分の一票の軽さを認識しないといけない。

自分の一票の影響力は実に微々たるものだ。

具体的に言うと、うちの区の一票の価値は38万分の1だ。

 

軽い、軽すぎる。

 

さらに言えば、頭のいい人の一票も、バカの一票も、同じ一票だ。

どんなに時間をかけて考えて練りに練った一票も、バカがサイコロで選んだ一票と同価値だ。

 

 

こんな軽い一票のために、2~3時間も各政党のことを調べるのは、大きな時間の無駄だと思う。

 

また、いざ調べるとなっても、マニフェストにも問題がある。

マニフェストはあてにならない。

2009年~の民主党政権時代、民主党は掲げたマニフェストのほとんど全てを実現できなかった。

それ以来、マニフェストの実現可能性などどうでもよいのだと、政治家は考えるようになった。

実現しなくてもいいマニフェストなど、参考になるわけがない。

 

 

社会が自分の思う通りに動いてほしいと思うのならば、自分の投票にではなく、社会に自分の考えを述べて世論を誘導することに重点をおくべきである。

手軽に行動を起こしたいという人は、ブログやツイッターなどで周りに影響を与えて、人を動かしたほうが、よほど効率がいい。

 

各政党を調べることに大量の時間をさくことは、票として10倍以上のレバレッジを効かせてあげて初めて、費用対効果が釣り合ってくると思う。

 

 

それ以外の、選挙に対してそれほどの興味もなく、行動する気もなく、自分の一票を行使するだけで十分と考えている人は、そこまでの行動を起こさなくていいと思う。

 

 

マニフェストを勝手に見て、持論を述べてくれる人の意見を参考に、一票を投じればいい。

それぐらいで十分だ。

 

最近のボウリングで気づいたこと

 

ポケットにいれろというが・・・

通常、1番ピンと3番ピンの間のポケットに投げるのがセオリーだが。ポケットの狙い方にも、薄めと厚めがあることに気づいた。

1番ピンにボールを薄く当てると、ボールが大きく弾かれてしまい、倒れる本数が少なくなり、結果スプリットとして残るようなケースが多かった。

むしろ、1番ピンに厚めにボールをいれたほうが、9ピン以上倒れることが多かった。

また、1番ピンと2番ピンの間のポケットに入っても、ピンが多く倒れてくれる感じがした。

 

ちなみに、10ポンドの軽いボールを使っていること、球速が20km/hも出てないことも、倒れない原因としてあるかもしれない。

 

 

 

誤差に強い狙い方

思った通りの方向から、多少ずれても、許容範囲に収まる投げ方が良いと思った。

つまり、誤差に強い狙い方を目指すということ。

 

具体的には、

スパットは2.5スパットを狙う のが現時点でのベストだと思った。

少し左にいって、3番スパットを通っても、ギリギリ1番ピンの左側に当たる。

少し右にいって、2番スパットを通っても、ギリギリ1番ピンの右側に当たる。

 

安定感をだすなら、こういう考え方もありだなと感じた。

キングオブコント2017出場者アキナ、淫夢厨説

ミネソタ・ファッツ兄貴の動画から、着想を得てるとしか思えない。

Xファイルの曲の使い方とか、時期とか。



 

www.nicovideo.jp

ミサイル飛んできましたけど

ミサイルが飛んできてるのに、いつもどおり仕事にいく、日本は異常だ。

 

しかも2回目にして、すでにミサイル慣れしてきているのは、本当に平和ボケというのか、どうかしてると思う。

 

ミサイルがほとんど話題にすら、ならなかった。

ボウリングスランプ

今日は全然だめだった。

以下、自分用のメモ。

 

◯気づいたこと

・重いボールを使うと、コントロールが落ちる

・速度を上げると、フォームが崩れる。曲がりが弱くなる。コントロールが落ちる。

10ポンド、19km/hが安定ラインだった。

 

5番ドットに足→3番スパット狙い 1番ピンにくる。    良

        2.5番スパット狙い 1-2番ポケット    良

        2番スパット狙い 6番ピンorガータ    悪

        3.5スパット狙い  4番ピンコース     悪

 

足をドットに合わせると、ボールの投げる位置はドット1~1.5個分右になる。

細かい検証はできなかった。

 

数をこなして、安定感を高める必要がある。

右側ガータが減ったが、左側ガータが増えた。

曲がりが小さいことがたまにある。手で曲げようとしちゃだめ。

まっすぐ転がったかな?ってときでも曲がったりするから、よく分からない。

左側から投げるのは、結構角度がきつい。

 

1番ドット→1番スパットは、センターにいく。

しかし、角度をつけない狙い方は、コントロールの許容角度が小さい。

 斜めに投げたほうが安定する。

 

ストライクをとるには。

1番・・・・・コントロール。ポケットに入れる。

2番以下・・・速さ、重さ

 

◯スペアの狙い方。

共通:腕のフリは、先にリハーサルしておくと良い。

   姿勢はまっすぐ。

   リリースが前にくると良い

   投げる直前は前傾姿勢。後ろに大きくボールを持ち上げテイクバック。

1・2・3番ピンは、狙う位置は2,5スパット~3スパット狙いで固定し、足の位置を5番~6番ドットで調整してあげれば、十分狙える。3番ピンなら6番ドットぐらい。

最ライト(10番ピン)・・・・足が7.5ドット、4番スパット狙い。

        ボールを曲げない感じで投げる。

ライト・・・・・ボールの位置が6.5ドットから、5番スパット狙い

センター・・・・5番ドット足、2.5~3番スパット狙い。

レフト(4番ピン)・・・・・6番ドット足、4番スパット狙い。

             または、4番ドット足、3番スパット狙い。

                 (若干不安定)

最レフト(7番ピン)・・・6番ドット足、4番スパット狙い。

             5番ドット足、4番スパット狙い。

ひとり上手

 

孤独について―生きるのが困難な人々へ (文春文庫)

孤独について―生きるのが困難な人々へ (文春文庫)

 

 

友達がいないということ (ちくまプリマー新書)

友達がいないということ (ちくまプリマー新書)

 

 

上記の本は以前読んだだけで内容は覚えてないので、この記事の内容とは関係ないはずです。

 

 

人混みが苦手だ。

正確に言えば、人の集団に交じるのが苦手だ。

 

例えば、パーティ会場みたいな状況。

大勢人がいるけれども、何か人と話して自分の居場所をつくらなきゃ!みたいな状況が本当に苦手だ。

 

自分は会話に何か必然性を求めてしまう質だ。

例えば、自分は帰る時間帯に雨に濡れないかを心配して・・・という状況であれば、天気の話題ができる。「天気予報では~~でしたよ」とか、「傘持ってきました?」みたいな。

しかし、朝の挨拶ついでに、「今日はいい天気ですね」なんて会話は全くできない。

そもそも、そんな言葉が浮かんでこない。

だって、どうでもいいんだもの。

 

 

 

学生時代、学校生活も当時は苦労していたのかもしれない。

思えば、中学生までは孤独が怖かったので、ヘラヘラとして親しい人をつくってその人とずっと話すという方法で、クラスに居場所をつくっていた。勉強もテスト前だけやるぐらいであまりせず、自意識を強くはこじらせてはいなかった。

 

その後、中学三年の後半ぐらいから勉強して少し頭を使うようになったり、エヴァンゲリオンなんかを読んだりしてこじらせたのかもしれない。

 

高校生ぐらいからはなんだか友達がつくれなくなったので、自分に自信をつけてなんとかしようという方向に舵をきり始めた。この頃空手をやり始めたのもこういう理由だったんだと思う。そんなこんなで自分に多少なりとも自信をつけた。

 

ちょっと話がそれるが、それまでは大声とか、暴力とかが苦手だった。いや、得意な人なんていないと思うけれども、覚悟というものがつくれなかった。

殴られる時の痛みというのはこのぐらいだと知っておくのは、余計な心配をしないようにするのには重要だ。

何事も経験なんだと思う。覚悟完了!って具合に。

 

 

 

そして、自信を少しつけたら、俄然、友達ができなくなった。

自分に自信がつくと、積極的に人に話しかけられるようになるとか、彼女ができるとか考えていたのだけれども、違った。

孤独に耐えられるようになったので、逆に人に話しかける必然性がなくなった。

孤独に耐えられないという状態から、少しの自信によって孤独にも多少耐えられるようになった。そうすると、友達は最低限生きる上ではいなくても困らない。相変わらず寂しい気持ちはあるんだけれども。

より豊かな生活に結びつくとは、頭では分かっていても、人に話しかける絶対的な必然性がなくなったので、話しかけて友達をつくろうという行動がとれなくなった。

 

大学でも相変わらずで孤独性に磨きがかかり、大概の行動は一人でできるようになった。

最初は孤独が恥ずかしかったが、じきにどうでもよくなり、授業も人を気にせず好きな場所に座り、学食もソロで食えるようになった。一人カラオケなんか楽勝だったので、学校帰りによく通った。

 

 

孤独に慣れすぎるとそれが平常運転になり、一人遊びが上手くなった。

友達と遊ぶのも面倒だと思う気持ちがいつも付きまとうようになった。

寂しい気持ちがあるものの、どうしても面倒と思う気持ちも半分ある。

 

例えば、たまに友達から長電話がかかってくることがある。

電話かけられた瞬間は、少し嬉しいが、時間が経つにつれて指数関数的に面倒くささが増してくる。

5分で終わらず、長時間に及ぶやつなんか最悪だ。

こうなると確実に自分に用事なんてないのだ。

寂しいから!とか、友達と長電話しちゃうぐらい孤独じゃない自分!みたいな、すごく身勝手な理由で行動してるやつばっかりだ。

「俺の時間を大量に奪うどんな理由があるんだ君には」とか考えてしまう。

 

 

 

そんな気持ちが自分にあるばっかりに、逆に、自分から誰かを遊びに誘うのも気後れしてしまうようになった。

いつも、「相手からしたら迷惑じゃないか?」という感覚がつきまとうようになった。

 

 

どう考えても、孤独をこじらせている。

 

 

頭では分かってるんだが、身体がどうにもならない。

 

 

 

 

今、この記事を書いたら、ひとり上手という曲が頭に思い浮かんだ。

中島みゆきの曲だ。

www.youtube.com

今まで全く意識していなかったが、あらためて歌詞を見てみる。

http://j-lyric.net/artist/a000701/l005a34.html

この曲の主人公は基本ひとりで行動している人なんだと思う。

ひとり行動が多いというのは、人と関係をもたない薄情者というイメージがつきまとう。

彼氏だった人は彼女を振る時に、「彼女はひとりが好きな人だから。僕とはうまくいかないんだ。」と、わりと悩むことなく振ったことだろう。

しかし、彼女はひとり行動ができるだけで、ひとり行動が好きというわけではない。

人並み、またはそれ以上に人への感情を、うまく切り替えられずにもってしまう人なんだろう。

 

ここには、ひとり行動ができる人の悲哀が込められている。

タイトルはこれにしよう。そうしよう。

両手投げボウリングリベンジ

nyanmage-wed.hatenablog.com

 

f:id:nyanmage_wed:20170902174900j:plain

 

 

最高スコア141。

安定感が出てきたが、相変わらずスペアをとる能力が低すぎる。

 

今回の収穫。

回転をかけることを考えないほうがよい。

両手投げを実践するだけで、十分に曲がってくれます。

 

 

f:id:nyanmage_wed:20170829170707p:plain

左足つま先を5番リリースドットに位置させ、3番スパット(あるいは2~3番スパットの間)を狙って投げる。

2番スパットを通ると、ガータに落ちるギリギリを通り、1番、3番ピン間のポケットに入ります。

3番スパットを通ると、1番、2番ピン間のポケットを通ります。

2番、3番スパットの間を通ると、その中間を通ります。

 

2番、3番スパットの間にボールを通せば、少なくとも1番ピンが倒れるコースにボールが行きます。こう考えるとボールの目標軌道の幅が広いので、大ミスが少なく、スコアに安定感が出て来ます。

 

 

ストレートの持ち方とちがって、右手の手のひらがボールにペタッとくっついた状態から、なでるように投げる。

 

 

身体を前傾させ、しっかり後ろまで振りかぶることで、ストロークを稼ぎ、球速を上げる。

 

 

カーブで10番ピンを狙う際には、レーンの左端から4~5番スパットを目がけて投げる。

ストレートが安定しないため、カーブのほうがいけると思いました。

 

 

10番ピンが残ることが多かったです。

ピンアクションが小さいことが原因かと思われます。

そのために速度を上げるか、重いボールを使うかが必要ですが、コントロールが犠牲になりそうで難しい・・・。