読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学生並みの日記

肩肘張らずに語ろう

小林さんちのメイドラゴン第3話感想

貧乳最高だなーって思いました。(ただし二次元に限る)

この控えめな主張がいいんですよ。(ただし二次元に限る)

f:id:nyanmage_wed:20170215193458j:plain

 

波動拳!!

f:id:nyanmage_wed:20170215193615j:plain

 

今回の小林さんのステキなところまとめ

・家が手狭になったから引っ越し!って、ポーンと簡単に金出しますよね。すげぇな小林さん・・・。それとも賃貸って、引っ越しのコストあんまりかかんないのかなぁ。よく分からん。

 

 

・この物件、屋上ォ・・・あんだけど・・・。

 トールとカンナの反応を決め手にして、物件決めてるのいいですよね。

 

 

・騒音トラブルに対する建設的意見。

 お互い最低限、静かにしてほしい時間を決めましょうと、小林さんが妥協点を探ります。

 批判はたやすいですが、妥協点を探るのは難しいんです。近年、朝まで生テレビの出演者とか、野党議員とかね、0か、100か、でしか考えられない奴らが多すぎます。世の中どこかで妥協するのが大事なんですよ。60点ぐらいの妥協点で上出来です。こういう妥協点を探れる人達によって、社会はなんとかもっていることを忘れてはならんのです(戒め)。

 

このアニメは「大人とは?」を考えるアニメなのかもしれない、と思いました。

 

妥協といえばこの作品。牛島さんの独白が大好きです。

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

 

 

 

・「うるさいのも嫌だけど、静かなのも嫌だよね。」

 賑やかさと寂しさ、バランスですよね。こういう言葉がサラッと出て来るのもステキです。小林さんは割りと孤独な人だったんでしょう。今回の話で、トールはあまり笑わない子だったという話が出てきますが、小林さんとの生活でいい化学反応が起きてるみたいですね。

 

・普通っていうのは意外と貴重。

 小林さんの自己評価は「普通」ですが。外の人から見ると、その「普通」はなかなか手に入らないんですよ。

 

 

 

あと小林さんとルコアさんの、保護者同士的な会話いいですよね。