読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学生並みの日記

肩肘張らずに語ろう

【はぐちさん_ルーツビア】僕達はすでに十分頑張っている【感想】

 「はぐちさん」はすごくいい漫画だと思います。

 

はぐちさん (フィールコミックス)

はぐちさん (フィールコミックス)

 

 

何が良いっていったら、大きくは2つ。

 

 

ひとつは、異世界の生き物と一緒に暮らすと、いつもの退屈な日常が違って見えるよということ。

 

異世界の生き物は、現代社会の我々と違った価値観を持ち込んでくれます。

 

均質な意見、価値観に覆われた社会というのは、非常に息苦しいものです。

 

例えば、仕事に生きる人がいてもいいけれども、そんな価値観ばっかりでは息苦しい。

 

趣味こそ大事だとか、友達と遊ぶことこそ重要だとか、ゴロゴロして何もしたくないとか、多様な価値観があって、その中から自分の好きな価値観を選べたほうが、人間はのびのび生きられる気がします。

 

 

そんな均質な価値観を相対化するのに、異世界の生き物(異文化の人々)は一役買ってくれます。

 

 

例えば、ネコと暮らすというのも、一つの手です。

phaさんがブログで「ネコを飼ったり、子供と暮らしたりすると家での人間関係がうまくいく」って言ってた気がするんですけど、こういう理由でなんだと、自分は思ってます。

 

 

それから、「よつばと!」もこの構造でできてると思います。

よつばちゃんの発想は、我々の価値観の斜め上をいき、違った価値観を持ち込んでくれます。

 

例えば、自分達にとって、雨は嫌な天気ですし、セミはうるさいだけです。

 

しかし、よつばちゃんにとっては、雨は「すっげー!」ですし、ツクツクボウシは「夏を終わらせる妖精」です。

 

違った世界の見方が提示されて、ちょっとだけ、雨もセミも悪くないかもな、なんて思えてきます。

f:id:nyanmage_wed:20170402115115j:plain

 

 (ところであずませんせい。14巻まだですか?)

 

 

 

 

良いところのもうひとつは、「僕達はすでに十分頑張っている」というメッセージです。

 

唐突なようですが、現代社会は明らかに、我々に大きな負担を強いています。

仕事も、キャリアを積み重ねることも、勉強も、育児も、親の介護も、身の回りの家事も何もかも、24時間内でやれと。

社会は我々に、「お前たちはまだ頑張れる。もっと頑張れ。」というメッセージを発信し続けます。

 

 

それに対して、「はぐちさん」は、「そんなことはない。君たちはすでに十分頑張っていますよ。」と言ってくれている気がします。

我々の大多数は、大した社会的地位もないし、大きな仕事でもないけれども、毎日ヘトヘトになるまで頑張っています。

十分、社会を支えるために体を張って頑張っているんです。

 

表紙の「えらいよ」って言葉が、そんなヘトヘトの僕達を祝福してくれます。

f:id:nyanmage_wed:20170402115815j:plain

 

えらいんです、僕達は。

 

僕達は、「すでに僕達は十分頑張っている」と胸を張っていいんじゃないかと、思うんです。

 

 

 

 

ルーツビアにも、僕は同じことを感じます。

 

comic-earthstar.jp

 

ルーツビアの主人公は仕事でヘトヘトのOL達です。

 

そんな疲れ果てたOL達を、居酒屋のうまいビールと料理が、

 

「今日もおつかれさん。頑張ったね。」

 

と祝福してくれる。そういう漫画だと思うんです。