読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学生並みの日記

肩肘張らずに語ろう

小林さんちのメイドラゴン第13話(最終回)感想

トールっていい子じゃん!しかもさ、メイドなんだぞ!分かってんのか!?」

「私のメイドをもっていくな!」

 

f:id:nyanmage_wed:20170415113820j:plain

 

 

この話、つまり、こういうことですよね。

 

 

「人はメイドに生まれるのではない。メイドになるのである」

漫画:エマ(うろ覚え)

 

エマ 1巻<エマ> (HARTA COMIX)

エマ 1巻<エマ> (HARTA COMIX)

 

 

1話のトールは、洗濯は口、料理は尻尾、洗濯物の乾燥の邪魔だからと雲を消し飛ばしたり、人間社会のルールも、メイドのなんたるかも分かってませんでした。

 

そこから12話かけて、家事を120%こなし、料理もコーヒーも、エルマや小林さんに褒められるレベルに。13話ではコーヒーを一回蒸らしてからドリップしてましたね。こまかいなぁ。

 

小林さんのメイドへの凝りっぷりはもはや言わずもがなですが、第12話でも語ってました。

f:id:nyanmage_wed:20170415122148j:plain

「いい?メイドっていうのは単なるお手伝いさんじゃないの。本来はハウスメイドとか、ランドリーメイドとか役割が違って、なるのにだって訓練が必要で、そこらのメイドカフェとはわけが・・・」

とか語っちゃうぐらい、こだわりがある小林さんが認めたってことで。

トールはそれだけメイドになるために頑張ったってことなんでしょう。

 

トールはメイドに ”なった” んですね。

 

 

今回、13話ではトールがいなくなることで、精神的にも、物質的にも、家でのトールのかけがえのなさを小林さんは感じます。

この散らかった部屋とか、出来合いの弁当とビールとか、疲れきった小林さんとか、見てて悲しくなりました。

父子家庭って、マジきついですよね。

f:id:nyanmage_wed:20170415120054j:plain

 

母親不在は、子供だってつらい。家に帰ったらひとりですもんね。

カンナちゃんが才川に甘えるところは、うるっときました。

f:id:nyanmage_wed:20170415130549j:plain

 

 

んで、トールのお父さんがきて、ドラゴンの世界に戻ってきなさい、って言うんです。

寿命が違うとか、人間社会に干渉してはいけないとか、色々理屈つけてますけど、結局これもエマと同じ構図なんですよ。

 

 

エマっていうのは、上流階級の紳士であるウィリアム・ジョーンズ君が、下流階級のメイドのエマと恋に落ちちゃって、上流お父様に「ダメ!」って言われる話なんです。

 

 

つまり、ベースは

「上流種族ドラゴンは、劣等種族人間と好きあっちゃダメ!」

「劣等種族の人間社会で、生活するなんてもっての他!上流世界に帰ってきなさい!」

っていう話なんですよね。

 

そして、そこから先が違う。

 

エマのほうは、最終的には

「じゃあ、下流メイドであるエマが、上流紳士の奥さんにふさわしいように” なれば ” 文句ないよね」

って方向に進みます。下が上に合わせる方向。

 

小林さんちのメイドラゴンのほうは逆で、

「上流ドラゴントールが、劣等種人間にふさわしいように、人間社会のルールを学べばいいよね。」

って方向です。上が下に合わせるって方向。

劣等種といっても、その文化まで劣等ってものではないのには注意ですね。

むしろルールは、互いの利益のためには素晴らしい。(この辺は第7話感想を参照)

 

 

小林さんちのメイドラゴンには、異種間コミュニケーションってテーマがあると思ってますが、それを最終話でまとめた感があります。

 

トールパパの主張は、こう。

「ドラゴンと人間は違う種族だから、分かり合うことはできない。」

 

小林さんは、「それは短絡的だ」と主張した上で。

「違いを分かった上で、折り合いをつけていかないと、物事はすすまない。」

トールは人間社会のルールを学び、人間社会で生活できるようになった。つまり、折り合いをつけた。そこまで娘はやってるんだから、あとは親であるアンタは、子供のことを信じてあげろよ。」 

 

 

「身分差を乗り越えて結ばれるだけ」という構図から、一歩先をいった感じがします。

最後まで大人ですね、小林さん。ステキ。

 

 

 

 

あとは、本当に感想。

小林さんが、メガネ破壊されてからの言葉はいいですね。

トールがいない生活は、もう嫌だ っていうフラッシュバックからの、圧倒的力に立ち向かって、トール好き!っていう告白もいいし。

f:id:nyanmage_wed:20170415132023j:plain

あのオクテな小林さんがここまでやってるんですよ!?素晴らしいですね、グッときます。

 

 

あとこれね!スカート穿いてて、塀を乗り越える時は両腕を支点にして、こうね!

わかってるよ!

f:id:nyanmage_wed:20170415132621j:plain

 

 

言いたいことは、こんなところでした。

 

小林さんは、自分の中ではかなりヒットだったなぁ。面白いキャラでした。

アニメを1クール通して見るって久々でしたね。かなり楽しめました。

漫画のほう買ってみようかなぁ・・・。

 

 

 

・伏線コーナー

ナズナ

冒頭のナズナトールのことですね。

「あなたに私の全てをささげます。」

f:id:nyanmage_wed:20170415121124j:plain

 

 

◯第12話に唐突に出てきた、メイドになりたい盗賊の女の子

「自由を手にしたら、メイドになるの!」

「私が選ぶの!自由に選ぶの!」とか言ってた子

 

自分の進路は自分で選ぶ。何かに強制されずに! っていう伏線でしょう。

そう考えないと、なんで挟んだのか分からないエピソードだなって、思います。